読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンジャンル感想記

雑多な感想をつらつらと

【GLAY】おすすめアルバム【超個人的ランキング】

音楽

20年以上のときを「GLAY」と共に過ごしたといっても過言ではない私が、自信を持ってオススメのアルバムをランキング形式でご紹介

 

「GLAY」おすすめアルバム、超個人的ランキング!!

 

第1位:rare collectives vol.1 & rare collectives vol.2

 

いきなりベストアルバムの真逆にあたる、シングルのカップリング曲の寄せ集め(b-sideコレクション)なアルバムを1位として紹介できるのも「GLAY」のシングル曲ならほとんどの人がもう知っている、そしてカップリング曲に名曲が多すぎる「GLAY」だからこそ!

 

【ピックアップ】

GONE WITH THE WIND(vol.1)

TERUの姉が結婚するときにTAKUROが作曲したエピソードが有名な、大人気バラード「ずっと2人で・・・」のカップリング曲(実際は両A面という扱い)、「ずっと2人で・・・」とは対称的なロックナンバー、この曲はインディーズ時代から演奏されており、私はいまだに当時の収録アルバム「an Optic」を所持しています(自慢!!)当然メジャーデビュー後と前ではアレンジも異なるので、GLAYファンを語るならぜひこっちのオリジナルバージョンも!

 

⇨amazonで「AN OPTIC」の価格を見る

 

Little Lovebirds(vol.1

作詞作曲、そしてドラムパートまでをTERUが担当したロックバラード、「GLAY」全盛期ともいえる「誘惑」のカップリング曲なので知ってる人も多いかも

 

Cynical、neuromancer、アイ(vol.2

3曲ともHISASHIの作詞作曲によるもの、「GLAY」の楽曲に絶妙なスパイスを加えてくれるHISASHIのデジタル色が前面にでている

 

他にも「春を愛する人」「Young oh! oh!」「HELLO MY LIFE」やhideのカバー曲「MISERY」なども収録されたおすすめアルバム

 

⇨amazonで「rare collective vol.1」の価格を見る

⇨amazonで「rare collective vol.2」の価格を見る  

第2位:REVIEW-BEST OF GLAY

 

「GLAY」初のベストアルバム、もう語ることは何もない、上記のアルバム2枚とこのアルバムで「GLAY」は制覇できる言っても過言ではない(過言w) 

 

⇨amazonで「REVIEW 〜BEST OF GLAY〜」の価格を見る  

 

第3位:BEAT out!

 

「GLAY」ブレイクのきっかけといってもよいシングル曲グロリアスの直後にリリースされたアルバム、週間オリコンチャートで1位を獲得し、正に「GLAY」ここにありと世に知らしめた作品

 

【ピックアップ】

Trouble On Monday 

「あぁ、だから俺GLAY好きなんだ」って思った曲、3連系のシャッフルナンバーで聴いていてとてもここちよい、そしてサビのギター!!もう素敵すぎます!!!全曲に共通して言えることなんですが「GLAY」のギターメロディって真摯なんですよ、なんとなくとか雰囲気でかっこいいのではなく、メロディーと正面から向き合ってる感じがたまらなくかっこいいと思うんです、そしてちょっと音域的に物足りなかったところを最後の「can you hold my sweet baby yeah」で解消

 

月に祈る 

とてもキャッチ-なロックナンバーでまさに「GLAY」の目指す、「POPとROCKの融合」といえる一曲

 

⇨amazonで「BEAT out!」の価格を見る  

 

第4位: BELOVED

 

隠れた名曲揃いの超お得アルバム!!

 

【ピックアップ】

Lovers change fighters, cool 

歌詞は倦怠期のカップルをテーマにしてるんだけど、なんかもうノリノリな一曲でこれしんどいけどカラオケで歌えると楽しい

 

SHUTTER SPEEDSのテーマ 

初のJIRO作曲、冒頭部はJIROが歌っている、LIVEで途中でTERUと交代するとこがかっこいい、LIVEで絶対盛り上がる疾走感のある一曲

 

Fairy Story 

ほんと名曲多すぎて全部ピックアップしたろうか?一発で惚れ込んでしまうメロディーとギターリフ

 

都忘れ 

ファンの間ではすごく有名な名曲、あきらかに「GLAY」も気に入ってるのがわかる、違ったらごめんTAKURO・・・

 

⇨amazonで「BELOVED」の価格を見る  

 

第5位:灰とダイヤモンド 

 

インディーズ時代のアルバム、いまや国民的スーパーバンドとなった「GLAY」の原点がここに、初々しさが感じられるもののそのセンスと潜在能力は底が知れない

 

⇨amazonで「灰とダイアモンド」の価格を見る

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、「GLAY」おすすめアルバム、超個人的ランキングでした!

なんかやっぱ初期の頃によってるんだなぁ・・・

ノンジャンル感想記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。